贈り物から思うこと

更新日:2020年11月9日

こんにちは。

月詠のminaです。


今日は東京は一日雨。


久々にお店に来たら、荷物が届いている・・・???



開けてみたら、バラの花束!!


・・・のソープフラワー!!!


通りで良い香りがするわけだ〜💕














しかし私の周りの人間の中に、バラを贈ってくれるような王子がいるとは思えないのだけど…。笑



案の定、贈り主をみたら、大好きな姉御からでした。素敵な贈り物をありがとうございます。


いつも道に迷ったら、彼女に聞いてみる。


話を折らない・否定しない・アドバイスはしない・・・まさにカウンセラーの物腰。


私にとって太陽みたいな人。



こういうご時世で、不安を感じないといったら嘘になる。


営業時間を短縮しても続ける勇気も、新しい展開の仕方を即座に取り入れる実行力も、簡単にできることじゃない。何ひとつ、一人ではできない。



様々な考えや想いが泡ぶくのように消えては現れ、勝手に落ち込む。



そんな、ぐらぐら揺れる日々の中で、誰かの言葉や想い、行動に励まされると同時に


誰かを気遣える余裕がなくなっている自分が恥ずかしくなる。


苦境に立たされたときこそ、人の本質が露になりますね。


そういうこと、さらりとやってのける彼女には頭が上がりません。



私も彼女のように


人に何かを与えられる人でありたいなと改めて思うのでした。




63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示