1/1

アーユルヴェーダは、サンスクリット語のアーユス(生命)とヴェーダ(科学)を組み合わせた「生命科学」という意味。五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

AYURVEDA

img6.jpg

AYURVEDA

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(Ayuh/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味で、五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。インドでは現在も医学として病気へのアプローチ・健康に日々を送る為の予防医学として人々の生活に役立っており、WHO(世界保健機構)でも公式認証されています。

img1.jpg
img7.jpg

健やかで若々しく美しい心身へ

アーユルヴェーダは、宇宙に存在する全ての物質は5つの元素(空・風・火・水・地)からできていて、命あるものは必ず3つの生命エネルギー(トリ・ドーシャ)を持ち合わせていると考えられています。それらはヴァータ・ピッタ・カファと呼ばれ、この3要素のドーシャのバランスによって、その人の生まれ持った体質や個性を形成しています。

生まれ持った体質は一生変わるものではないとされていますが、生活環境や食生活、ストレスなどの影響によってドーシャは絶えず増えたり減ったりを繰り返します。これら3つの機能が正常に機能しているときは健康で、異常になった状態を病気であるという考えを持っています。

そのため、自分のドーシャバランスを知り、そのバランスを保つことが、健やかで若々しく美しい心身を守るためにとても大切なことになります。

AYURVEDA & OIL MASSAGE

アーユルヴェーダとオイルマッサージ

アーユルヴェーダのマッサージはオイルを重要視しています。アーユルヴェーダの古典には、「汚れた布を染めるには、一度その布を洗ってからでないと、きれいに染まらない」と記されているように、まずは体内の汚れをきれいにする必要があります。水溶性の毒素は汗や尿とともに自然に排泄させることができますが、油溶性の毒素は水に溶けることがないため、体の中のあらゆるスロータス=”管”・・・つまりは口から肛門まで、血管、リンパ管、消化管、尿道、神経や乳腺など、体の各器官へ栄養を送ったり、排泄物を出す経路に付着し、流れを遮ります。油溶性の毒素は、同じく油溶性の物質、つまりオイルで溶かす以外に体外に排泄させる方法がありません。そのため、アーユルヴェーダが一般的なオイルマッサージと大きく違う点は、オイルをマッサージの潤滑油として用いるだけではなく、体内のスロータスに溜まる汚れを薬草オイルの力を借りて洗浄することで、細胞の一つ一つに栄養がいきわたるようになり、根本から体質を整えていくというところ。

D72_7344.JPG
D72_7131.JPG
D72_6883.JPG

また、増えすぎたドーシャをもとの場所に戻していき、生理機能の正常化が行われるという高度なシステムにあります。細胞は日々代謝を繰り返しているため、どんなに健やかな方であっても、体内に汚れは残ります。

アーユルヴェーダのトリートメントを受けることにより身体の中のリズムを回復させてみませんか? 健康な人は、定期的なメンテンンスとして、不調をお持ちの方は、最初は集中的にメンテンンスしていくことをお勧めいたします。